衆予算委/新潟県委の政府要請/リニア訴訟

  • カテゴリ: 原発・エネルギー

今日から来年度予算案審議の衆院予算委員会が始まりました。連休をまたいで、12日の二日間はテレビ入りで全閣僚出席の基本的質疑。日本共産党は12日に志位委員長が質問に立ちます。

新潟③.jpg と、いうことで、二月中は論戦の中心は衆院。今日は午前中、参院議員団で論戦準備の打ち合わせ。午後は党新潟県委員会の政府要請に藤野、武田両議院と共に同席。

 新潟からは渋谷明治県議、武田勝利、遠藤れい子、藤ノ木浩子各県議候補をはじめ、地方議員のみなさんが参加されました。

 要請は原発と医療過疎の二つのテーマ。原発では柏崎刈羽原発の再稼働、住民等の防護対策の問題について要請しました。
   
 この中で原発事故時の避難計画について、豪雪地帯の地方自治体がを「非現実的」としていることがだされました。政府側からは「豪雪災害で避難が危険な場合は屋内退避をして除雪を待つことになる」との発言。除雪作業をする人の被爆はどうするんだ!? それこそ「非現実的」です。

IMG_5685.jpg医療過疎の問題では国が進めている対策についてあれこれ説明がありましたが、参加者からは、いっそう困難になっている実態が次々と出され、抜本的な対策強化を強く求めました。

 続いて、院内で開かれた「ストップ・リニア!訴訟第13回口頭弁論」の報告集会に参加。畑野、本村両議員もご一緒でした。

 ★昨日の予算委員会での質問の動画、質問終えてのコメントの動画、議事録の三つを子のHPにアップしました。ご覧ください。